空いた場所を土地活用して駐車場などに変身させよう

建築模型

賃貸管理から開放されます

ウーマン

不動産会社とのマスターリース契約は、長期間に渡る一括借上が行われます。サブリースの形で個人へ賃貸される物件は、不動産会社によるメンテナンスが頻繁に行われるため、綺麗な状態で維持管理されます。サブリース中の物件がどの程度の空室率か把握しておくことで、中途解約を事前に把握可能です。

もっと読む

空き住宅の有効利用

電卓と小さな家

転勤などでしばらくの間自宅を留守にする場合、リロケーションを利用することで借り手をつけることができます。家賃収入を得ると共に建物の劣化を防ぎ、メンテナンスも行ってもらえます。契約期間が決まっているので、帰ってきたらこれまで通りに住むことができます。

もっと読む

初期投資の少ない資産運用

複数の車

リスクが小さい安心経営

遊んでいる土地を持っている場合、税金がかかるので実質的に資産価値が目減りします。そのような時は有効に土地活用することによって資産を増やすことができます。土地活用にはマンション経営、アパート経営、駐車場経営があります。土地活用で最もリスクが小さいのが駐車場経営です。なぜなら初期投資が少なくて済むからです。マンション経営やアパート経営は多額の建築資金がかかります。銀行から融資を受けた場合、毎月のローンの支払いが必要になります。しかし駐車場経営は極端な話、土地を整地するだけで経営することができます。初期投資がほとんどないのでローンを抱え込む心配もないのです。初めて土地活用をする人にとっては非常にやりやすい投資法です。

将来は転用できるメリット

駐車場経営は基本的に整地された土地を区画に分ければ行うことができます。月極駐車場にすれば毎月安定した賃収入が入ってきます。場所によりますが、街中の便利な立地ならそれなりの収入が見込めます。また今流行の時間貸しの駐車場にする場合は専門の会社と提携することによって、管理する必要がなくなります。また駐車場経営の場合は将来的に転用できるというメリットがあります。アパート経営をしようと思った時にはアパートを建てることができます。しかしアパート経営やマンション経営をしていると、建物が建っているので転用するのが難しいのです。また所有している土地が狭くても、駐車場経営ができるのもメリットです。街中なら2台や3台の小さな駐車場でも利用者があります。

民泊はビジネスチャンス

マンション

外国人観光客が急増しているので、airbnb(民泊)は、大きなビジネスチャンスとして期待されています。airbnbを成功させるためには、運用や清掃を代行業者に委託し、ゲストから高い評価を獲得することが必要です。

もっと読む